婦人

理想のスタイルを実現したいなら豊胸を試みよう

バストアップの手術

注射器

手術ごとの特徴

バッグ挿入法、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法など、豊胸手術にはいくつかの種類があります。そしてそれぞれの豊胸手術ごとに手術後の経過や手術の効果が違います。豊胸手術を検討している場合は、手術ごとの特徴について、しっかり理解しておく必要があります。バッグ挿入法は、シリコンバッグや生理食塩水バッグを挿入する美容整形です。わきの下を切開する方法と、アンダーバストを切開する方法があります。わきの下から切開する場合は傷跡が目立たないのがメリットです。アンダーバストから切開する場合は、わきの下よりも術後の痛みが少ないのが特徴です。脂肪注入法は自分の脂肪を入れる豊胸手術です。バストに入れるだけの脂肪の量が必要になります。脂肪注入法は入れた分の脂肪がそのままバストになるわけではなく、代謝されて最終的に半分近くなくなります。そのため、希望するバストサイズの二倍の量の脂肪を注入する必要があります。そうなると大量の脂肪が必要になるので、もともとあまり脂肪がない痩せ型体質の人は希望のサイズにできない場合があります。ヒアルロン酸注入法はバッグ挿入法や脂肪注入法よりも簡単にできるプチ整形です。ヒアルロン酸は注射器を使って注入します。お椀型や釣り鐘型など、ふっくらさせたい位置に合わせてヒアルロン酸を入れることで、希望のバストの形になります。注入するヒアルロン酸の量が多いほど料金が高くなるので、大量に入れるよりも左右のサイズを整えたり、1カップ上げたい場合にお勧めです。

脂肪吸引と脂肪注入法

太ももや下腹部やお尻など、気になる部分についた無駄な脂肪を取る整形手術に脂肪吸引があります。その脂肪吸引でとった脂肪をそのまま捨てるのではなく、バストに入れてリサイクルするのが脂肪注入法です。脂肪注入法は、部分痩せをしたい人にとっても魅力的な豊胸手術です。無駄な脂肪をバストに再利用することで、メリハリのあるプロポーションを作れます。バッグ挿入法はバストアップ効果が高いですが、バストに入れたシリコンバッグがレントゲンに写ります。しかし、脂肪注入法なら自分自身の脂肪なのでレントゲンに写ることもなく、誰にも整形手術をしたことを気づかれないで済みます。また、バッグ挿入法は定期的なメンテナンスが必要ですが、脂肪注入法なら脂肪が生着してしまえばそのままのサイズを長期間維持することが出来ます。新しい脂肪注入法のピュアグラフトやコンデンスリッチをすれば、脂肪の生着率を高めることが可能です。ピュアグラフトでは脂肪吸引手術をして吸引した脂肪から、老廃物や血液などの不純物を除去します。不純物が入ったままの脂肪細胞をバストに入れると、しこりや石灰化するリスクが高くなり、生着率も落ちます。しかし、純度が高い脂肪を入れるピュアグラフトならしこりにならず、生着する確率も80%近くまで高くなります。同じようにコンデンスリッチ脂肪注入法も、脂肪細胞から不純物を除去して濃縮(コンデンス)してから注入します。混じりっ気のない高品質な脂肪を注入するので、普通の脂肪注入よりも豊胸効果が高くなります。