婦人

理想のスタイルを実現したいなら豊胸を試みよう

様々な治療方法

ビキニの女性

様々な手術法を検討しよう

日本人は体格的に胸が小さいことを悩んでいる女性が多く、美容整形外科では豊胸手術が人気です。豊胸手術は顔の整形に比べて身体への負担が少ないことが多く、様々なタイプや価格帯の手術法が用意されているので、自分に合った整形を受けやすいという特徴があります。豊胸手術を受ける際は、一般的な治療法の知識を深めながらそれぞれを比較して検討することが必須です。美容整形外科には主に4つの豊胸治療が存在します。まず、バストアップでよく行われる治療は脂肪注入という方法です。自分の身体から抽出した脂肪を胸に注入することで自然な仕上がりになるだけでなく、アレルギーなどの副作用がほとんどないという特徴があります。次に一般的な治療法がシリコンバッグの注入です。シリコンバッグは希望のバストサイズに合わせて注入量が調節しやすく、理想の結果を得やすいというメリットがあります。異物を入れるため、以前は拒絶反応などの副作用が問題となっていましたが、医学の進歩に伴って人体に無害なシリコンが普及しています。近年広まってきている治療法にヒアルロン酸注射が挙げられます。この治療は一般的にプチ整形と呼ばれるもので、切開の必要がなく短時間で治療が終わります。継続的な治療が必要ですが、他の手術に比べて費用の負担が少ないため、通院がしやすいという点も特徴的です。ヒアルロン酸注射と合わせて新たに登場したのが、自宅でケアできるクリームでの治療です。ホルモン量の増加や胸の発達を自然に促すため、最も体に負担の少ない治療法として人気です。これらの主要な治療法を理解し、医師と相談しながら理想の豊胸手術を受けましょう。

保証に注意しよう

塗り薬やヒアルロン酸注射による治療に比べて、脂肪・シリコンバッグ注入による豊胸手術は切開を伴うため、術後のアフターケアが重要となります。美容外科は基本的に自費での治療となるため、医院によって料金だけでなく治療法や術後の保証に大きな差があります。アフターケアを確認する際に特に注意したい点は、保証期間・保証内容の2点です。保証期間は一般的に1年程度が多いですが、シリコンバッグの注入では術後すぐだけでなく、数年が経過して拒絶反応などの副作用が生じることがあります。そのため、2年から10年以上などの長期間に渡ってアフターケアを受けられるかどうかを確認することが大切です。具体的な保証内容に関しては手術方法によって様々ですが、理想通りにサイズアップができなかった場合、左右差が大きい場合、傷跡が気になる場合の3つに対応しているかを確認しましょう。術後は腫れが生じる場合もあり、豊胸手術の正確な効果がしばらくは把握できないことがあります。そのため、腫れが落ち着くと理想よりサイズが小さいこともあり、その際の再手術の保証内容を確認することが重要です。また、豊胸治療では注入物の移動するなどして次第に左右差が生じることがあり、その際に追加の注入ができるかも確認しましょう。さらに、切開を伴う手術では傷跡がしばらく残ることは避けられませんが、体質・体調によってはっきりと残ったり炎症を起こすことがあります。その際にしっかりと処置してもらえるのかを必ず確認しましょう。これらの点に注目しながら、保証が充実しているクリニックを選びましょう。