ウーマン

理想のスタイルを実現したいなら豊胸を試みよう

バストアップの手術

注射器

豊胸手術はバストのサイズを大きくする美容整形です。シリコンを入れるバッグ挿入法、脂肪を入れる脂肪注入法、ヒアルロン酸を入れるヒアルロン酸注入法などがあります。手術をする場合は手術ごとの特徴をよく理解しておくことが大切です。

読んでみよう

様々な治療方法

ビキニの女性

美容整形外科での豊胸手術には、脂肪・シリコンバッグの注入、ヒアルロン酸注入やクリームを塗る方法など、様々な治療法が用意されています。それぞれの治療法を理解しながら、クリニックごとのアフターケアを比較して豊胸手術を検討することが大切です。

読んでみよう

施術を受ける前に確認する

バストを測る人

シリコンバッグを挿入して行う豊胸術では、後にカプセル拘縮が起こることがあります。従って、豊胸術を受ける際には術後の状態に気を配ることが大切です。今の美容整形クリニックでは、短期間の効果が得られる手軽な豊胸術も行います。生理食塩水を利用したトライアルは、リスクが少ないとして人気です。

読んでみよう

いろいろな脂肪注入法

胸

バスト悩みが解消できる

バストアップをしたい人におすすめしたい美容整形は脂肪注入法です。脂肪注入法は、自身の脂肪を吸引してそれをバストに注入するという方法を取ります。基本的には腕、足、腰、お腹などの脂肪から吸引することが多いです。脂肪吸引をするときには麻酔を行いますので、当然ながら吸引した脂肪にも麻酔は付着しています。それをそのままバストに入れてしまうとしこりとなって現れてしまいますので、加工処理を行います。脂肪注入法は短時間で豊胸するのに非常に確実な美容整形です。もちろん、脂肪注入法のメリットはそれだけではありません。自分の脂肪を使うのでアレルギー反応が起きることはありません。また、あくまでも注射で脂肪を注入するので、メスを使って切開することはありません。したがって、傷口が広がることもありませんし、傷跡も残りません。脂肪注入法は身体の脂肪が少なすぎると難しいのではないかと思われますが、女性の場合は痩せていても脂肪が多くついているので、このような心配は不要です。また、ダウンタイムについても心配は要りません。入院をする必要もありませんし、基本的に施術を受けた当日から入浴やシャワーは可能です。人によっては少し赤みが出る人もいますが、自然放置で問題ありません。この豊胸手術の料金は500,000円から800,000円程度が相場になります。ちなみに、健康保険の適用はほとんどありませんので、原則的に全額自己負担になります。他の注入系治療と同様に、手軽に受けることができる美容整形です。

進化している施術

脂肪注入法は日々進化しています。最新の医療技術が使われたものとしてコンデンスリッチ法があります。この施術の特徴は吸引した後の脂肪の処理にあります。吸引した脂肪を外気に触れさせることなく、脂肪から麻酔液と他の不純物を取り除く方法を用いています。遠心分離をさせることで加工処理した脂肪を使いますので、しこりが起こる可能性がありません。安全性が十分に確保されています。しかも、脂肪の定着率が80%以上ときわめて高く非常に効果的な治療法です。また、ダウンタイムについてはほとんどなく、腫れが出ても1週間程度で引きます。入浴やシャワーは施術してから2日後から可能です。最新の技術を使用している分だけ、料金は通常よりも高価になります。1,000,000円から1,200,000円程度が相場になります。最新の豊胸手術にはピュアグラフト法というものもあります。これも脂肪注入法の1種ではありますが、吸引した脂肪をフィルターに通してから純度を高くして胸に注入します。そのため、死活細胞が含まれている可能性が少なく、高純度かつ高濃度の脂肪を注入することができます。そのため、脂肪の定着率が高く、自然な仕上がりの状態のバストアップを実現することができます。このように、豊胸手術にはいろいろなものがあります。バストが小さくて悩んでいる人は自分に合いそうなものを選択して医師と綿密な相談をすることをおすすめします。美容整形は日々進化しているので、どのようなものがあるかクリニックを調べるのもおすすめです。